ボトックス注射のメリットデメリット ボトックスの注射・小顔の治療効果を体験しよう

ボトックス注射のメリットデメリット

ボトックス注射のメリットは?

何といってもその「手軽さ」にあります。
ボトックス注射治療は施術時間も顔の部分的なしわ治療なら10分程度。
ダウンタイムもほとんどないのが魅力で、入院の必要もなく施術当日から日常生活に戻れます。

また安全性も高く、副作用やアレルギー症状のおそれはほとんんどないのもメリットです。

効果も表れやすく、早ければ1週間程度で効果を感じ、徐々にボトックス効果が高まってきます。

ボトックス注射のデメリットは?
さまざまなプチ整形と同様に効果が一時的であるということで、個人差はありますが、通常半年〜1年程度で効果がなくなってきます。

見方を変えれば、たとえ治療効果に不満があっても数ヶ月で元に戻る安心感はあります。
もっと長期的な効果を望む方にとってはものたりなく感じてしまうでしょう。

治療対象である「しわ」や「わきが」などにしても、軽いものであれば効果がでてきます。

しかし、深いしわや重度のわきがの場合は思ったほどの効果が感じられないようですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。